Web制作・ソフトウェアー設計・ネットワーク構築・ドローン撮影は福島市のドリームズカンパニー


LANケーブルは自作できる。

2017年05月06日

こんにちは、システムエンジニアの鈴木です。

お休み中ですが、自宅のLANケーブルを損傷してしまったので、自分でLANケーブルを作る事にしました。


LANケーブルにも規格と言うものがあって、現在主流なのがCAT5eまたはCAT6です。(CATとは、カテゴリーの略称)最近ギガのデータ通信が当たり前になってきていますので、今回はCAT6で作ります。

作り方は覚えてしまえば簡単なんですが、最初はてこずるかもしれません。

ケーブルの外側の皮を2cmほど剥いて、中央にあるプラスのセパレーターを根元ギリギリでカットします。
導線のヨリをまっすぐに直して、色を指定の順番に揃えて端子の長さでカットします。線の順番を間違いなく端子に差し込むんですが、慣れないとこれが大変なんです。(初心者にはロードバー付きの端子購入がオススメです)


最後は圧着ペンチで固定します。


両端が完成したら導通試験。
各導線の順番が間違っていないか、通信出来るのかをチェックします。


上の写真は導線の1番を間違えた場合。

問題無ければケーブルの完成。
販売しているケーブルでは長さが… なんてお困りなら、自作ケーブルがオススメですよ。

ホームページ制作・システムプログラム開発・サーバー構築は 株式会社ドリームズカンパニー
Copyright(c) 2006-2018 dreams company corporation All Rights Reserved.