Web制作・ソフトウェアー設計・ネットワーク構築・ドローン撮影は福島市のドリームズカンパニー


ローコストでWi-Fi環境を構築しよう

2015年05月08日

 4月下旬に総務省から2020年に向けたWi-Fi環境整備方針が新たに発表されました。
 今後は地域特性に応じた整備対策を推進する、主に観光/防災拠点となる
 全国約3万ヵ所が今後の重点整備箇所という内容です。(※)
 自治体Wi-Fiのインフラ整備・利活用促進が今後ますます加速することになるでしょう。
 
 ■地域特性に応じた整備対策とは

 「格差是正に向けた取り組みで計画的な全国整備」
  
 ・大都市  : ビジネスベースでの整備が期待できる。官民連携による整備を促進。
 ・地方小都市: 自治体の財政負担軽減に寄与するローコストモデルの提供を促進
 ・その他  : 条件不利地域等における観光地のAP新設を促進するための公的支援の強化を検討

 ※参考元 
  総務省「地方のポテンシャルを引き出すテレワークやWi-Fi等の活用に関する研究会」
      Wi-Fi整備推進ワーキンググループ 配布資料より

 
 ■ローコストモデルに提案できるフリースポット「FS-600DHP」

 インターネットに接続する常時接続回線があればすぐ導入できる、
 バッファローのフリースポット導入キット「FS-600DHP」。

 FS-600DHP 製品ページ
 http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/fs-600dhp/

 “ゲートウェイ機能”を利用することで、法人向け無線LANアクセスポイントや
 スイッチと組み合わせた大型施設へのフリースポット導入も手軽に実現することが可能。

 施設利用者が無線LANを活用できるだけではなく、緊急時モードを搭載した無線LANアクセスポイント
 「WAPM-1166D」を使えば災害時にも活用することができます。

http://www.drcom.co.jp/FREESPOT

ホームページ制作・システムプログラム開発・サーバー構築は 株式会社ドリームズカンパニー
Copyright(c) 2006-2018 dreams company corporation All Rights Reserved.