クラウドファイルサービスにあるファイルを開くとメッセージが出て読み取り専用になってしまう

投稿者: | 2019年10月3日

クラウドファイルサービス(ファイル共有)フォルダーにあるファイルを開くと、警告が出て読み取り専用になってしまう。

原因1 同じファイルを他のPCで開いていませんか?
ExcelやWordなどでよく見かけますが、同じファイルを2台で開こうとすると、警告が現れて読み取り専用に切り替わります。
この場合、閲覧はできますが、編集したデータを同じファイルへ保存することができません。

最初にファイルを開いたPCの作業を閉じてもらう必要があります。
それが出来ない場合には保存する際に別名にて保存する必要があります。

原因2 開いたユーザーに対しファイルの権限が無い
ログインしたパソコンのアカウントでは、開いたファイルの閲覧はできてもファイルの編集や保存ができない権限になっている。
グループアカウントでよくみかける現象で、他のユーザーがファイルに対して権限をつけている可能性があります。
他のユーザーに編集や書き込みができるように権限の付与をお願いする必要があります。

原因2のようなグループ権限を利用していない場合や原因が特定できない場合には管理者または弊社にお問い合わせください。