VTOSに接続するが画面がすぐに出てこない

投稿者: | 2016年1月7日

リモート デスクトップ接続時 「リモート接続を保護しています」の画面で時間がかかる場合があります。

原因は??

リモート デスクトップ接続を行う場合、接続元、接続先の間で使用可能なセキュリティ レベルのうち最も高いレベルの暗号化方式を使用して接続を行います。
Windows Vista 以降の OS では、リモート デスクトップ接続において SSL (TLS 1.0) プロトコルが採用されており、証明書を使用した暗号化が採用されます。
この場合、認証に、自己署名証明書 (既定)、もしくは、リモート セッション ホスト サーバー (ターミナル サーバー) にインストールした証明機関から発行された証明書を使用します。
自己署名の証明書を使用している場合、証明書の発行状況や失効確認を行うために、インターネット上へ信頼された証明書機関のリストを取得する動作が発生し、「リモート接続を保護しています」画面で時間を要する事象が発生します。

▶ https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2915774

回避策は上記の操作方法リンクをご参照ください。

コメントを残す