便利に使えるクラウドストレージ

今回は、インターネットのストレージを使ったファイルサービスをご紹介します。
このサービスは、インターネットを介してデータをサーバーに保管して、様々な端末とデータを共有する方法です。
すでにたくさんのサービスが提供されていますが、今回はマイクロソフト社ワンドライブをご紹介します。
onedrivelogo OneDriveを使ってPCとスマホで共有してみた。

OneDriveは簡単な初期設定をするだけで、エクスプローラーから簡単にデータをストレージ(保管場所)にアップロードしてくれます。
特別な同期を行わなくてもリアルタイムに作業を行ってくれます。

OneDriveの新規登録はこちら
https://onedrive.live.com/about/ja-jp/

設定が完了したパソコンからはエクスプローラーでOneDriveのフォルダーが見えるようになります。
操作はとても簡単。
いままでファイルを保存していたものと同じように、このフォルダーの中にファイルを保存するだけなのです。

下の写真のように、Excelで作ったファイルをOneDriveに保存します。
今回は給与~というファイルで「顧客打ち合わせ資料」というフォルダーに保存します。
容量の小さいファイルは一瞬で保存されます。
それと同時に、他の端末でも同様に確認や編集が行えます。
パソコンでonedrive
こちらはWindows画面。ExcelデータをOneDriveに保存。通常保存する感覚と全く同じ。

今回は、Androidを準備してみました。
もちろん、iOSでも使えるからappleユーザーにも便利だね。

Playストアから、あらかじめOneDriveをインストールし、アカウントの設定をしておきます。
OneDriveをタップすると、パソコン同様にフォルダー名が表示されます。
今回は、先ほどPCで保存したデータを確認するために 「顧客打ち合わせ資料」 のフォルダーを開きます。
すると… 先ほどパソコンで保存したファイルが見えると思います。

便利だと思いませんか?
androidでonrdriveを使ってみた onedriveでフォルダー選択 excelファイルを選択

また、有償ではありますが、月額540円から使えるOffice365を使えば、Excelのデータを編集し保存する事も可能です。
なんと、パソコンいらずで外出先からデータを編集できてしまうのです。
スマホでexcel

これは便利だと思いませんか?

Office365 は、マイクロソフトが推奨する新しいOfficeのカタチ。
ライセンスはなんと、1人あたり5台まで利用できて、さらにProfessional並の性能が提供されます。
パッケージ版を購入して5年間運用するよりも安い。
ExcelやWord、PowerPointなどが常に最新のシステムで提供されるから、買い換えやバージョンアップの心配はありません。
また、Office365にはOneDrive for Businessが標準で付いてきますので、Office365を登録される方は、別途OneDriveの登録をする必要はありません。

Office365についてはこちら
http://www.microsoft.com/ja-jp/office/365/default.aspx

株式会社ドリームズカンパニーでもOffice365を推奨しています。

お申し込みお問い合わせは
0120-166-649
http://www.drcom.co.jp/

格安スマホは便利に使えるの??

リスナーの皆様から、多数のお問い合わせいただきました
安いスマホは動作的に使いやすいの?
というご質問を多数頂きましたので、実際に購入して使ってみました。
freetel priori2

今回購入してみましたスマホは、freetel priori2というスマホです。
価格が9.9千円程度。iphoneやxperiaの約8分の1程度の価格で販売されています。

DSC_7677 DSC_7678

ぱっと見は、やや丸形でiphne5sより5mmほど縦横が大きくて、重さは同じぐらいでしょうか?

もしかしたら5sよりも軽いかもしれません。
ブラウザやメールはさくさく動きますし、動作的にストレスは無いように思えます。
ただ、ディスプレイがiphoneやXperiaと比べると表示が荒い感じがします。
カメラ画質も荒いですね。特に夜の暗い場所の撮影には不向きです。
バッテリー容量もやや小さめなため、長時間の使用ではすぐに電池がなくなりそうな感じでしょうか。

DSC_7679 DSC_7684

左がfreetel priori2 右がiPhone5です。
ブラウザのサクサク感は両者ともあまり変わりません。
カメラの暗い部分の写りがよくないような感じがします。

DSC_7682 freetel priori2

youtubeの再生でもそんなに違和感はありませんでした。

写真ではWi-Fiの検証でしたが、格安SIMを入れて動作検証を行ってみました。
今回準備したSIMカードは
OCNモバイルONE と Freetel のSIMカードです。

デュアルSIM facebookもサクサク

両者ともドコモの回線を使用しているため、スピードの大きな変化は感じられませんでした。

SIMの契約は、どちらも1ヶ月1GBまでの利用制限のものです。
あとは使用するデータ通信量によってプランを決めれば良いかと思います。

通信は場所や使用環境にも左右されますので一概には言えませんが、ドコモ契約のスマホSIMに差し替えて動作してみましたが、違和感はありませんでした。

freetel priori2仕様

サイズ 幅66.3mm×奥行き8.9mm×高さ132.8mm
重量 約132g
プロセッサ Quad core 1.3GHz
帯域 ■ WCDMA800(B19,B6)/ 2100MHz(B1)
■ GSM(850/900/1800/1900MHz)
バッテリー容量 1,700mAh
OS Android™ 4.4.2
ディスプレイ ■ サイズ:4.5インチ
■ 解像度:854×480(FWVGA)
メモリー ■ ROM:8GB
■ RAM:1GB
カメラ ■ メイン:500万画素
■ サブ :200万画素
Bluetooth version 4.0 LE対応
GPS 搭載 A-GPS対応
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n
同梱物 製品本体・ACアダプター・USBケーブル・
ユーザーマニュアル・スタートアップガイド

私個人の見解では、特に問題なく使えるような感じです。
しかし、あくまでも格安スマホですから、仕様を確認すれば一目瞭然で、性能はiPhoneやXPERIAと比べてはいけませんよ。高性能を求めるのであればおすすめできない機種です。

Freetel priori2はSIMフリーのため、使用するキャリアの帯域に対応していれば、docomo , au , softbank でご利用いただけます。 今回の検証では、freetel や ocnモバイルone でもご利用いただけます。

結論!
格安スマホでも便利に使える!!

ここで掲載している内容はあくまでも一個人の意見です。

ご紹介した機器や通信会社リンク
Freetel priori2
Freetel(通信会社)
OCN モバイルONE(通信会社)